きらりの日常

太郎&一美(中3)、二葉(小6)、次郎(小4)の4人の子どもと過ごす日々の出来事を書いています。

バレエの発表会、素敵でした♡

ロビーから始まる、きらびやかな世界

友達のお子さんが通うバレエ教室の 、発表会がありました。

今回は、二葉と行きました。

ロビーに入ると、キラキラした人ばかり!

皆さま、お美しい!

赤ちゃんを抱っこしているお母様も、オシャレな洋服をお召しになっていました。

ひゃー。( ノ゚Д゚)ノ

ちょっと良い服を着てきてよかったー。

このお教室は、本気のところだ!

優秀な生徒さんを輩出!

やっぱり!(๑°ㅁ°๑)‼✧

プログラムには、コンクールの受賞歴がずらりと書かれていました。

しかも、生徒さんの進路が華やか!

海外のバレエ学校へ留学、海外や国内のバレエ団へ入団!

すごーい!(๑°艸°๑)

指導力のある先生なのですね。

本格的な舞台セット!

幕が開いてからも、びっくり!

舞台セットが豪華でした!

全幕ではないのに、

抜粋しているので、20分ほどなのに、

森を作っちゃうんですか!

意気込みが半端ない!

みんな上手!

どの生徒さんも、みんな勢いがありました。

本気でバレエに打ちこんでいる生徒さんばかりでした。

皆さんの踊りは、どれも素晴しかったです。

完全実力主義

生徒さんは、基本的にコールドでした。

中高生になって、全国バレエコンクールで上位入賞したレベルで、ようやく役がもらえていました。

主役級は、外部からプロのダンサーさんをお招きするか、プロになった元生徒さんでした。

ですから、非常に見応えがありました。

恵まれた環境

生徒さんにとって、非常に恵まれた環境であると思いました。

夢を現実にした先輩の姿は、何よりも励みになります。

うーん、羨ましい!

イケメン祭♡

三部は、コメディの要素たっぷりの、楽しいバレエでした。

なんと、男性ダンサーが8人も出演されました。

回る回る!(º ロ º๑)

跳ぶ跳ぶ!(⊙ロ⊙)

圧巻のパフォーマンス!

やっぱり、男性ダンサーは素敵♡

現実に戻ってしたこと

家に帰って、落ち着きを取り戻しました。

そして、二葉と次郎の力不足を痛感しました。

基礎と柔軟性をもっと磨かなくては。

さあ、がんばるわよー♪

Chacott ダンスバンド ソフト

新品価格
¥4,212から
(2018/6/26 09:46時点)

【K.H.Martin】ストレッチバンド【XXストロング(レッド)】

新品価格
¥1,080から
(2018/6/26 09:48時点)

このブログを見て

一美がボソッと言いました。

(私もバレエやっているのに)

「私のことが書いてないんだけど。」

私、「あっ。」(*゚▽゚)ノ

生きた証

悲しいことがありました。

ショックでした。

でも、教えてもらってよかったです。

練習試合の応援で

次郎は、子ども会のチームでソフトボールをしています。

ある日、練習試合の会場で、

「あの人、亡くなったって本当?」

と聞かれました。

彼女は

「あの人」は、同じ中学校の保護者です。

子どもの小学校では、一緒に図書ボランティアをしていました。

控えめだけれど、芯のしっかりした優しい女性でした。

確かに、二年ほど前、大きな病気をされました。

治っていたはずでは?

亡くなった?

私が最後に彼女と会ったのは、いつなんだろう。

必死に記憶を辿りました。

Facebookに、友達申請があった

そういえば、先月、彼女から友達申請がきました。

あれから、何か書き込みがあるかもしれない、

私は、彼女のFacebookを確認しました。

しかし、文章は一切ありませんでした。

開設時と同じ、二人のお子さんの入学式(高校生と中学生)の写真があるだけでした。

一気に不安になりました。

共通の友人に確認

共通の友人に聞きました。

「先月、お亡くなりになりました。

亡くなる二週間前に会ったけれど、元気だったよ。

とにかく、急だったみたいです。」

・・・。

言葉もありませんでした。

Facebook開設の日と、亡くなった日が近いことから、友達申請には何か意味があったのかもしれません。

今となっては分かりませんが。

喪失感

彼女は闘病中も笑顔でした。

ボランティアにも参加していました。

悩む様子もなく、明るく振る舞っていました。

いろんな想いが頭をグルグル回ります。

フル回転の頭とは逆に、心に穴が空いた感覚がありました。

これが喪失感なのですね。

彼女の願い

余命宣告されていたのかは分かりません。

でも、きっと、彼女は最期まで、いつも通りの生活をしたかったのでしょう。

お子さんにお弁当を作ってあげて、顔を見て話して。

そんな当たり前の日常が、愛おしくて愛おしくて。

少しでも長く家族の側にいようと、頑張ったのでしょう。

それが彼女の願いだったのだと思います。

彼女の生きた証

彼女は、図書ボランティアでした。

小学校の図書室には、彼女が修復した本がたくさんあります。

その本を、子どもたちは読み続けます。

わくわくしながら。

彼女は本を通して、たくさんの子どもたちと繋がっています。

今までも、これからも。

素晴らしい物を遺してくれて、ありがとう。

そして、お疲れさま。

天国から見守っていてね。

運動会でのご褒美

二葉、最後の運動会

二葉、最後の運動会。

感慨深いです。(/ _ ; )

ブラスバンド部に所属する、二葉と次郎。

二葉はアルトホルン、次郎はユーフォニウム

運動会では、国歌、校歌、得賞歌の演奏をしました。

姉弟が一緒に演奏できるなんて幸せ。( ^ω^ )♡

ちなみに、楽器は自前ではありません。

学校から楽器をお借りして、基礎から先生が教えてくださいます。

もちろん、無料。(๑>◡<๑)

とてもありがたいです。

恵まれた環境に、ただただ感謝です。

組み立て体操

組み立て体操は危険だからと、やめた学校もありますよね。

先生のご尽力により、この小学校では続いております。

二葉はバレエで鍛えた体を、存分に発揮していました。

そして、最後のフィナーレでは、一番目立つポジションをさせていただきました。

10人のお友達の支えにより、見事に成功。

二葉に感想を聞くと、

「みんなが上手に持ち上げてくれたから、楽に出来たよ。

 それに、私を持ち上げてくれる子は、みんな良い子なの!

 だから、絶対に失敗できないと思ったんだ。」

と言いました。

素晴らしい仲間と巡り会えて良かったね。

終わり良ければすべて良し

例のリレーも、みんな頑張っていました。

ふー。ε-(´・`)

なんだかんだありましたが、無事に終わりました。

良かった、良かった。

子どもたちの清々しい姿を見ていて、気分が晴れました。

ご褒美

その日、テレビの取材が来ていました。

たまたまカメラの近くにいた、二葉。

インタビューしていただけました。

ま、採用されないだろうけれど。

念のため番組を録画しておきました。

すると、

まさかの、

二葉がーーー!Σ(*゚Д゚ノ)ノ

インタビューが放送されました!

なんてラッキーな子なの!?

お見せできないのが残念です。(^_^;)

最高のご褒美をいただきました。

みなさま、ありがとうございました。(≧∇≦)

ギックリ腰になりました。

次なる試練

次郎の件が片付いた日、ギックリ腰になりました。

しかも、仕事中!

なんてこったい!(´Д`)

ギックリ腰の原因は…

なぜ、ギックリ腰になってしまったのでしょう。

次郎の件で、精神的なダメージが大きかったのが原因かなー。

いろいろ考えて眠れなかったから、ソファーでゴロゴロしていたのが、いけなかったのかもしれないなー。

・・・。

こんな反省会をしても、腰は元には戻りません。

なんとかせねば。(-_-)

幸いなことに

救いは、ギックリ腰が軽く済んだことです。

痛みが来たのがわかったので、なるべく腰に負担がかからないように動きました。

ギックリ腰は二回目なので、付き合い方は分かります。

なんとか、仕事はやりきりました。

しかし、家にたどり着いて横になったら、もう起き上がれませんでした。

だめだこりゃ。(´Д`)

それでも休んでいられない

娘をバレエに送らねばなりません。

腰にコルセットを巻き、痛み止めを飲んで、歯を食いしばって運転しました。

運転中は、まだよいです。

家に着いて、車から降りる時の痛みは絶叫レベル。

痛くて歩くことができません。

立ったり座ったりの動作は無理ー!

助けてー!(>_<)

・・・。

悲しいことに助けは来ないので、徐々に慣らしながら移動しました。

その動きは、まるで油の切れたロボット。

私、頑張りました。。・°°・(>_<)・°°・。

ギックリ腰でも、動かねば

次の日も、休んではいられません。

やらねばならないことがあるのです。

中学校のPTA役員として。(^_^;)

運の悪いことに、バザー、授業参観、資源回収、会議がありました。

ほぼ、一日中動きます。

大丈夫か、私。(^_^;)

無理する必要はありません。

休んでもいいんですよ。

でも、楽しみにしていたので頑張って参加しました。

本当にアホだと自分でも思います。

いつも通りの動き

結果として、めちゃめちゃ働きました。

痛み止めを飲んで、コルセットはしていますが。

それでも、できちゃう。

なんて不思議!(๑°ㅁ°๑)‼✧

ファイテン、すごい!

いくら軽いといえ、ギックリ腰です。

普通は動けるわけがありません。

前回は、2〜3日寝たきりでした。

なぜ、今回は動けるのかしら。

心当たりは一つだけ。

ファイテンのネックレスを付けていることです。

私が勝手に、そう思っているだけですが、ファイテンのおかげで回復が早い気がします。

↓詳しくはこちら↓

RAKUWAネックX100 ミラーボール/RAKUWAネック/X100/ファイテンオフィシャルストア

自分が付けていて効果を感じるので、お友達にも勧めています。

安い買い物ではありません。

でも、その価値は十分にあります。

マッサージの先生によると

ギックリ腰になった理由の一つとして、

「張り詰めていた状況から解き放たれて、気が抜けたからかもね」

と言われました。

へー。(@_@)

病は気から。

みなさま、ご自愛くださいませ。

リレー選手決めに、保護者からのクレーム!

春の運動会の季節ですね。

皆さんの小学校では、どんな競技が人気でしょうか。

うちの小学校では、通学班対抗リレーです!

地区別に、各学年の男女1名ずつが選ばれます。

えーと、各チーム12人ですね。(๑°ㅁ°๑)‼✧

1年から6年までの児童が、バトンをつなげます。

運動会の最後に行われる、花形競技です。

まさかの!

なんと、二葉と次郎が、今年度の代表に選ばれました!

足の速い二葉は、毎年選ばれています。

今回も接戦の末、なんとか勝てたようです。

しかし、次郎は初めて選ばれました。

家族で、びっくり!(◎_◎;)

どうやって決めるの?

地区ごとに、本番のコースを走ります。

低学年はトラックを半周、高学年は一周。

一発勝負です!

実力だけでは勝てない

ただ、地区によっては人数にバラツキがあります。

3人の地区もあれば、20人近くいるところも。

人数が多いと、走りにくさは倍増です。

トラックには、レーンごとに線が引いてありません。

スタートした瞬間から、全員がインに入ろうとします。

ゴチャゴチャになって、団子状態。(^_^;)

20人が一気に寄るので、位置どりが全てです。

目の前に遅い子が入ったら、終わり。

トラックのインが取れなかったら、無理。

どんなに速い子でも、スタートで失敗すると挽回は難しいです。

距離が短いので。(^_^;)

アウトコースから走ったら、不利ですよね。

一応、配慮はあります。

スタートラインが斜めに引いてありました。

インコースからスタートする子と、同じ距離になるように。

これを、たまたま目撃したとき、

「圧倒的な差をつけてゴールしないと揉めるなぁ」

と思いました。(^_^;)

次郎は、どんな走りをしたの?

次郎はスタートしてすぐ、トップに立ちました。

必死に走り、そのままゴールできたそうです。

たまたま上手なレース運びができたのでしょう。

イヤな予感

一つ、気になることを次郎が言いました。

すぐ後ろを走っていた子と、腕がぶつかったそうです。

後ろの子が誰か分かったのは、ゴールしてから。

この子が二番だから、この子と手が当たったのかな?と思う程度だったようです。

その子は、毎年代表に選ばれていた子でした。

腕が当たったことは、お互い認識していたようです。

それでも、腕が当たったことが話題に出ることはありませんでした。

お互いに冗談を言い合って、二人で楽しく話していたそうです。

…。(^_^;)

なぜか、私の心がざわつきました。

予感的中

その日の夜、小学校から電話がかかってきました。

担任の先生によると、学校にクレームの電話があったそうです。

その保護者(名前は伏せられた)は、

「次郎が、わざと腕を大きく振って、うちの子が走るのを妨害した!」

と主張されたそうです。

えー!∑(ll゚д゚ll)

なんでそうなるの!?

軽く接触したとは聞いていますが、故意に当てに行ったわけではありません。

しかも、真剣に走っている最中に、後ろに気を配れるなんて、そんな器用なことが次郎にできるとも思えないですし。

というか、ぶつかったのは、お互い様なのでは。σ(^_^;)

なぜ次郎だけが悪いことになるのでしょうか。

学校側が、どう対応したのか気になりました。

担任の先生は私に対して、

「次郎くんは、そんな事していません。しかし、明日もう一度走ります。そこで勝って、真の代表に選ばれてください。」

と、おっしゃいました。

そんなー。Σ(´Д`)

次郎の意思は無視ですかー。

再走の方法

担任の先生から、再走の方法を教えていただきました。

①もう一度、地区の全員で走る

②次郎が一位になったら、それでよし

③次郎以外が一位なら、その子と一騎打ち

一見、フェアな勝負に思えます。

ぜひ走ってもらいたいので、次郎を説得するようにとお願いされましたが…。

あれれ?σ(^_^;)

何かがひっかかる…。

何かおかしいぞ…。

負けたら、どうなる

向こうの要求通り、走るとします。

万が一、負けてしまったら、次郎はどうなるでしょう。

妨害行為をしたから、あのとき勝てたんだと、周りから言われるでしょう。

してもいない妨害行為の烙印を押され、リレーの代表でもなくなります。

次郎には、汚名が残るだけです。

最悪、いじめや不登校につながります。

そこまで学校は考えているのでしょうか。

フォローをしてくれるのでしょうか。

「僕は、誰の邪魔もしていない」と次郎は言います。

身に覚えがないことで、代表を取り消されるなんて。

勝負をやり直すことは、本当にフェアなのでしょうか。

先生は見ていた

グランドには当時、四人の先生がいました。

不正行為があれば、指導が入るはずです。

私が見ていたときも、インから抜いた子に指導が入りました。

(抜くときは、アウトコースから抜かなくてはなりません)

先生は、ちゃんと見てくれています。

児童も100名以上いました。

異議を唱えた児童はいませんでした。

このことから、明らかな妨害行為はなかったと考えられます。

立場によって見える景色が変わる

きっと、次郎の後ろを走っていた子たちにとっては、次郎が邪魔だったことでしょう。

しかし、「邪魔だった」のと「邪魔された」のは違います。

立場が違えば、見え方が違いますよね。

私も見ていて、あれは走りにくいだろうなと思ったケースはあります。

でも、子どもたちは、わざとしているわけではありません。

子どもが悪いのではなく、学校の施設で行うには限界があるのです。

それは、子どもも理解しています。

みんな、限られた条件の中で頑張っているのです。

全員が一生懸命に走りました。

それだけなんです。

何を信じたら良いのか

私は現場を見ていませんし、その保護者も見ていません。

子どもの記憶は曖昧なので、不確かです。

その場にいた大人は、先生しかいません。

信じられるのは、先生だけです。

こうなった以上、先生の判断に任せるしか方法がないように思われました。

走る理由は?

あれれ?(^_^;)

でも、ちょっと待って。

次郎が悪くないと、先生はおっしゃる。

ならば、どうして、もう一度走るのかしら。

先生の見ている限り、不正はなかった。

しかし、妨害されたと、本人からの訴えがあったからには、動かざるを得ない。

ということでしょうか。

再走は、全ての非を認めること

リレーの代表選手は、一発勝負で決めます。

保護者のクレームでやり直すなんて、私は聞いたことがありません。

再走すれば、「次郎の不正」と「先生がきちんと見ていなかったという、学校側の落ち度」の両方を認める事になります。

意外に大ごとです。(^_^;)

たかが「運動会の選手決め」で、窮地に立たされる先生。

本当にお気の毒です。(>_<)

でも、向こうの話だけ聞いて、決定するのはどうかと。

文句を言ったもの勝ちなのかなー。

そもそも、どこの誰だか分からない人の言ったことを、うちが聞く必要あるのかなー。

次郎の言い分も、聞いて欲しいなー。

勝負に「もう一回やらせて」は無いなー。

クレームを跳ね除けられなかった理由があるのかなー。

こんなことをグルグル考えていました。

次郎を納得させる材料がない

考えれば考えるほど、次郎を納得させる材料がありません。

それどころか、代表に選ばれて喜んでいたところに水を差され、卑怯者にされたのではあんまりです。

次郎は深く傷付きました。

「言いたいことがあるなら、直接言ってくれればいいのに」と。

その通りです。

勝負事は実力だけでなく、時の運も大きく作用します。

その時、その時が真剣勝負です。

後から文句を言うのは見苦しいと、私は思います。

物分かりのいいふりをして、こちらがバカ正直になる必要もないでしょう。

もういいや。

「うちが悪者になっていいから、このままで行ってください」と、先生に言う決意をしました。

翌朝、学校へ電話

「先生、説得に失敗しました。すみません。」

と私が言うと、意外な反応が返ってきました。

「そうですよねー。当然です!一応は事実確認するので、次郎くんに話は聞きますが、再走はしないで行こうと我々は思っています。一発勝負だからと、相手の子に納得してもらいます。」

あれれー?(@_@)

昨日は、何が何でも走らなくてはならないと言う勢いだったのに、どうした、どうした。

拍子抜けして、私は電話を切りました。

態度が変わった原因、判明!

学校から帰ってきた次郎に、話を聞きました。

先生は、次郎に優しく話をしてくださいました。

事実確認と言うよりも、慰めてくださったようです。

「あのね、電話をした人がわかったよ。いつも代表だった子の、お母さんなんだって。でも、その子がお母さんに言ったんじゃないの。違う子が(自分のお母さんを通じて)、その子のお母さんに言ったんだって。

んんん?(^_^;)

つまり、当事者ではなく、第三者の告げ口だったと。

それを真に受けて、大人が動いちゃったのね。

ここを確認して、先生の対応がガラリと変わったのでしょう。

だって、状況を一番分かっている本人には、不満がないのですから。

憤っているのは、告げ口をした子どもと、その親毎年代表だった子の保護者の三名のようです。

なんだそれ。(^_^;)

個人的な恨みがあるとしか思えない。

ともかく、情報源が明らかになったことで再検討され、その証言が信用に値しないと、先生が判断されたみたいです。

ハッピーエンドではない

本当に、変な話です。

毎年代表に選ばれていた子からのクレームなら、理解できます。

しかし、吹き込んだのは、別の誰かでした。

そんな子がいると知ってしまった衝撃と、それが誰だかわからない不安。

あの子かな、この子かな、と疑心暗鬼になってしまいます。

その子の名前を、先生は教えてくれません。

次郎と家族に、これだけ嫌な思いをさせたのに、その子にはお咎めなしだなんて!

すっきりしない終わり方です。

心当たりがある?

悪意のある告げ口をしたのは、誰でしょう。

「次郎、誰が言ったか心当たりある?」

試しに聞いてみました。

「ある。」←即答!

ちょっと驚きました。

次郎は、人の悪口を言いません。

いつもハッピーで、頭の中はお花畑だからです。

その次郎に悪い印象を与えるとは、よほどの人物です。

学校側も、その家庭を把握していて、次郎を守ってくれたのでしょう。

ま、犯人探しはしませんが。(^_^;)

残念なのは

ただ一つ、残念なことがあります。

クレームを入れた保護者のことです。

私は彼女の人柄が好きでした。

そんな不確かな情報で迂闊(うかつ)に行動する人に見えませんでした。

「決まったことは仕方がないよ。来年頑張ろう。」

そういって諭すタイプだと、私は思っていました。

次郎は、妨害行為をする子に見られていたのですね。

悲しいな。

先生も、保護者を納得させるのが大変だとおっしゃっていたそうです。

今度会うとき、お互いに微妙な雰囲気でしょうね。

クレームを入れて得るものは…

このクレームによって幸せになった人は、一人もいません。

先生を含め、全員が嫌な気持ちになりました。

次郎は、やってもいないことをでっち上げられ傷付きました。

クレームに絡んだ三名は、先生の心象を悪くしました。

私は悩みに悩んで、眠れませんでした。

得たものはなく、失ったものがたくさんあります。

彼らは一体、何がしたかったのでしょう。

次郎を悪者にしてリレーの代表から落とし、自分の子(仲良しの子)に代表をさせたかったとしか思えません。

くだらない!\\\٩(๑`^´๑)۶////

そんなことに巻き込まないで!

先生には、余計な仕事を増やしてしまいました。

お忙しいのに、申し訳ないです。

結果として、次郎はリレーの代表です。

でも、精神的ダメージが大きいため素直に喜べません。

時間が解決してくれると良いのですが。

救いがあった

「言ったのは、別の子だったよ。」

と他の兄弟に伝えると、意外な返答がありました。

「え、まじ?やったー!あの子、一年生の時しか知らないけれど、かわいかったもん。よかったー。」

記憶の中の彼とイメージが変わらなかったことが、兄弟たちには嬉しかったみたいです。

君たちの優しさに、私は救われたよ。

もう後は、運動会で次郎が、文句のない走りを見せるだけです。

みんなの想いを背負って、頑張れ!(^o^)/

朗報

今日、次郎は例の(毎年代表だった)子と遊びました!

すっごく楽しかったそうです。

子どもたちは、とっくに前を向いています。

私も、過去を解放してあげなくちゃ。

楽しい運動会になりますように。(^-^)

pc.moppy.jp

ファイテングッズ、買いました!

ファイテンのお店

ある日、バレエ教室で即売会がありました。

来てくださったのは、ファイテンさん!

お世話になっております

二葉は、ファイテンさんのタイツを履いています。

初めてのコンクールの後、しばらく疲れが取れなかった二葉。

可哀想なくらいでした。

試しに、ファイテンさんのタイツを購入!

次のコンクールで履いてみました。

すると、翌日も元気でした!(^o^)

たまたまかもしれませんが。

即売会で

タイツだけ買うつもりでした。

しかし、おじさまのトークが炸裂!

商品の魅力を、詳しく教えてくださいました。

実験もさせていただいて、効果を実感。

こうなると、あれもこれも欲しくなります。

自分のために。(^.^)

購入した品々

①''グランバレエ '' アクアチタン バレエタイツ

カラー ・グランピンクL(穴あき)

↓詳しくはこちら↓

ファイテンアクアチタン穴あきバレエタイツ

価格:2,808円
(2017/12/26 08:24時点)
感想(14件)

②ファイテン メタックスクリーム

内容量 250g

↓詳しくはこちら↓

メタックスクリーム/ボディケア/塗るボディケア/ファイテンオフィシャルストア

③ファイテン チタンローラー

↓詳しくはこちら↓

ファイテン チタンローラー/レディース/スキンケア・コスメ/その他/ファイテンオフィシャルストア

④RAKUWAネック X100 ミラーボール

アースカラー 全長約40cm

↓詳しくはこちら↓

RAKUWAネックX100 ミラーボール/RAKUWAネック/X100/ファイテンオフィシャルストア

自分を労ろう

年齢を重ねた体には、ケアが必要です。

ネックレスは私のために買いましたー。

三色ありましたが、迷わずコレ!

羽生結弦くんと同じ色です♡♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

着けると、体が温かくなった気がします。

少し運動をした後のような感じ。

軽い興奮状態といいますか、元気が出ます。

気持ちにも余裕が出て、笑顔が増えました。

子どもで実験①

朝、なかなか起きない次郎。

寝るときに、ファイテンのネックレスを付けました。

何ということでしょう!

翌朝、一声かけただけで目覚めました。

ファイテン、すごい!

子どもで実験②

一美にもネックレスを貸してみました。

すると、勉強に集中できるといいます。

ファイテンの良さを知った一美は、隙あらば私からファイテンを奪います。

恐ろしい子!(^_^;)

子どもで実験③

二葉は、ファイテンのローラーとクリームでケアしています。

レッスンの後にネックレスも付けます。

現在、絶好調です。

ファイテンで揃えたい

他にも魅力的な商品がたくさんあります。

ファイテンの効果を実感すると、身の回りのものをファイテンで揃えたくなります。

プレゼントにもいいですね。(^-^)

太郎の回復

入院すると治りが早い

入院して、太郎は順調に回復しました。

食べていないから、お腹は痛くありません。

点滴(24時間)のおかげで、顔色もよくなりました。

点滴、すごい!

ベットに座れるまで回復しました。

そして、暇だからと言って「宇宙兄弟」を読む。

大丈夫か、受験生。(>_<)

初めての、ゼリー

絶食をして3日目。

昼食から、ゼリーを食べてもいいと許可が出ました。

喜ぶ、太郎。(^o^)/

3食分を購入し、病室の冷蔵庫へ入れました。

久しぶりに食べる、太郎。

食べられる幸せを噛み締めていました。

よかったね。o(^-^)o

初めての病院食

入院して4日目、お粥を食べていいと許可が出ました。

では、お粥だけかなと思っていたら…!

結構な量です!Σ(*゚Д゚ノ)ノ

絶食が続いていたのに、大丈夫かしら。

しかし、太郎はペロリと平らげました。

食への執念、恐るべし。(^_^;)

すっかり元気!

ご飯を食べられるようになると、やはり違います。

みるみるうちに、元気を取り戻しました。

みなぎる、パワー!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

そして、有り余る時間!

しかし、勉強はしていません。

なぜだーーー。(´Д`)

太郎は、快適な入院生活を送っています。

なんか、ムカつく〜。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

やっと、退院!

入院して5日目の朝。

血液検査の結果に問題がなければ、退院していいと言われました。

やったー!\(^o^)/

問題なし!

無事に退院することができました。

それでも、しばらくは自宅静養です。

体にかなりのダメージを受けたようなので。

ゆっくりしましょう。(^_^)

学校へ行けるのは、いつ?

退院して2日後に、再受診&血液検査をします。

血液検査の結果に問題がなければ、学校に通ってもいいと言われました。

慎重に診ていただけるのですね。

早く学校に行きたーい!

診察の前に、血液検査をします。

ビビリの太郎は、震えていました。

しかし、さすがは中学生、泣きませんでした♡

診察の結果、異常なしです!

学校に行ってもいいと言われました。

よかったー!(^o^)/

何事もないのが一番

太郎が入院することで、大変なこともありました。

でも、体験してみて初めてわかることが多く、とても勉強になりました。

家族で一緒にいられるありがたさが身に沁みました。

太郎が元気になって何よりです。

病院の先生、看護師の皆様、大変お世話になりました。

心から感謝しています。

ありがとうございました。(^o^)