きらりの日常

太郎&一美(中2)、二葉(小5)、次郎(小3)の4人の子どもがいます。6人の家族が繰り広げる、何気ない日々の出来事を綴っています。

バレエ教室を移籍してからの、あれこれ②

書いているうちに記憶がよみがえり、ついつい文章が長くなりました。

そんなわけで、あれこれ②です。

主に、コンクールについて書きます。(^_^)

コンクールクラス希望者は、要確認

先月、移籍してきた子の話です。

「コンクールクラスへ入りたいから、教室を変わってきました」と、先生に伝えていました。

入会してから。

先生も初耳だから、びっくり!(⊙ロ⊙)

コンクールクラスは四月スタートです。

しかも、今の段階で人数がいっぱいですから、これ以上の受け入れは難しいです。

そんなケースが、四例ありました。

なんてこったい。(/ _ ; )

せめて、入会を問い合わせた際に、「コンクールクラスに入りたい」と先生にお伝えしていれば、結果は変わったでしょう。

以前の教室に残るか、他の教室を探すなどの選択肢もあったかと思います。

やる気があるのにできないなんて、切ないです。(>_<)

レッスンの見学、体験レッスンのときは、お母様たちと話せる絶好の機会です。

情報を入手することは大切ですから、遠慮なさらず、なんでも聞いてくださいね。

コンクールを目指すなら

先生がおっしゃっていました。

「コンクールは、小さい頃から出た方がいい」

それは、コンクールをみたらわかります。

低学年でも、普通に二回転していますから。

しかも、洗練された美しいバレエでした。

本当に、上手な子がゴロゴロいます!(≧◇≦)

小さい頃からコンクールで刺激を受けて、さらなる高見を目指すから、伸びていくのだと思いました。

そう考えると、高学年からコンクールに挑戦するのは、非常に不利です。

スタートの時点で出遅れているからです。

それでもコンクールに出たいのなら、中途半端な気持ちではダメです。

かなりの努力をしないと、コンクールで通用するレベルに達しません。

恥をかくだけです。(×_×)

しかも、分が悪いのを承知の上で指導してくれる先生がいないと、挑戦することもできません。

そんな神のような先生、見つけるのは大変!

ですから、二葉は恵まれていると心から思います。

全てのことに、感謝します。

みんなが幸せになりますように

教室を変わるって、気合いが要ります。

後悔のないように、

いっぱい悩んで、

いっぱい考えて、

自分にぴったりの教室に出逢えますように。

バレエ教室を移籍してからの、あれこれ①

みなさま、ご機嫌いかがですか。

今回は、うちの子たちがお世話になっている、バレエ教室の話をします。

どうやら、発表会の評判がよかったみたいで、移籍してくる生徒さんが多いです。

移籍の理由は様々ですが、みなさま熱意があります。

健気にがんばる姿は、一年前の一美と二葉を見るようです。

そんなことから、私が移籍してからわかったこと、感じたことを書いてみようと思います。

初めは、ついていくだけで精一杯

教室を移籍すると、いろいろ大変です。

人間関係も、一から始めなくてはなりません。

レッスンの方法も違いますから、親子で戸惑うことが多いでしょう。

移籍してすぐは、レッスンについて行くだけで精一杯ですから、お子さんのダメダメな姿を目の当たりにして、やきもきしたり、もどかしい気持ちになるかもしれません。

でも、大丈夫。(^_^)

慣れていきます。

一美と二葉は、慣れるまで三ヶ月、

レッスンについていけるようになるまで半年、

上手になってきたのは、一年後です。

大丈夫、大丈夫。(^.^)

だんだん出来るようになりますよ。

生徒さんと仲良くなれるか心配

もともと教室にいた生徒さんたちは、小さいときから一緒にレッスンしてきたから、強い絆があります。

そんな人間関係が出来上がった中に入るのは勇気がいりますし、仲良くなれるか心配になりますよね。

でも、大丈夫。(^_^)

これから、ゆっくり、じっくり、信頼関係を築けばよいのです。

一美と二葉は、バレエの上達と共に話せる子が増えていきました。

努力と実力で認めてもらいましょう。(^.^)

保護者の方と仲良くなれるか心配

子どもと違い、親同士は接する時間が限られますよね。

私は、バレエ教室のことが聞きたかったので、レッスンの送迎の時に、なるべく保護者の方とお話しするようにしていました。

それでも、なかなか距離を縮めるのは難しいと感じていましたが、転機が訪れたのです。

それは、発表会!o(≧▽≦)o

保護者同士で係を決めてから、準備、本番、後片付けまで、ガッツリ関わることで、信頼関係が生まれました。

ほぼ毎日レッスンだったせいか、子ども同士も、一気に仲良くなりました。

このとき、やっと仲間に入れてもらえた気がします。

受け入れる側の本音

新しいお友達が増えるのは嬉しいです。

しかし、教室の人数が増えるということは、受け入れる側にとって、よいことばかりではありません。

一人当たりの踊る面積が小さくなります。

体の大きいお姉さんクラスでは、なおのこと、一人増えるだけで圧迫感が増します。

手足が十分に伸ばせず、踊りにくくなります。

先生が、一人ひとりに対して指導する時間も減ります。

レッスンや発表会に関わる重要なポイントなので、保護者としては、どんなお子さんか、どんなお母様か気になります。

バレエが上手でやる気があり、協調性のある子なら、歓迎されると思います。

逆に、教室の雰囲気を壊したり、人間関係を混乱させるキャラクターだと困っちゃう。

バレエが未熟でもいいんですよ。(^.^)

技術的なことは、これから上手になります。

うちなんか、下手でごめんなさいって、心の中で謝りながら、毎回通っていました。

本人にやる気があって頑張れる子なら、みんなが受け入れてくれます。

大丈夫。(^_^)

バレエが好きな者同士、仲良くなれますよ。

長くなったので、このへんで。

では、また。(^_^)

コンクール・その後

燃え尽きた、二葉

初めてのコンクールが終わりました。

二葉、燃え尽きました。(×_×)

コンクールの翌日、かなり疲れているようでした。

顔が死んでおりました。

でも、バレエのレッスンがありました。

休むわけにはいきません。

重い体にむち打って、二葉は行きました。

そして、今日。

昨日よりも顔が死んでいました。

だめだこりゃ。(´д`)

動きも鈍いぞ。

どうした、どうした。

二葉にとって、コンクールに出ると言うことは、精神的にも肉体的にも大変なものだったようです。

コンクール当日は、元気だったんですけどね。

それは、緊張状態から解き放たれて、ハイになっていただけでした。

かなり疲れています。(´Д`)

だから朝、登校前の二葉に

「無理しなくていいよ。今日はお母さんお仕事がないから、大丈夫。帰りたくなったら先生に、仮病で帰りますって言うんだよ」

と言ったら、やっと笑いました。

今のところ、学校から連絡はありません。

友達に囲まれて、元気をもらえるとよいのですが。

なんのためにコンクールに出るか

コンクールの日、電車の中でコンクールクラスのママさんたちと語り合いました。

なんでコンクールに出るんだろうねって。

趣味でバレエを習うことと、バレエコンクールに出ることは違います。

もちろん、金銭的な問題もあります。

コンクールの審査料は二万円くらいします。

衣装代も、その都度かかります。

会場までの交通費、食費。

先生への御礼、特別レッスン代など、お教室によっては必要になります。

それが、年に何回も。

発表会もあると、出費がかさみます。

むむむ。(。-_-。)

また、送迎が困難な家庭もあるでしょう。

他にも兄弟がいて、行事とコンクールが重なるかもしれない。

そう考えると、うちみたいな子だくさんで人手不足の、一般家庭が入れる世界ではないのです。

それでも、やると決めたからには、全てをバレエ漬けにする覚悟です。

そこまで熱意がないとできないし、先生だって考えの甘い生徒に指導したくないと思います。

だって、大変ですもの。(×_×)

でも、コンクールは得るものが多いです。

目標があるから、ものすごい速さで上達します。

先生も、きめ細やかな指導をしてくださいます。

子どもたちがお互いを励まし合い、先生が直前まで指導して、子どもを舞台に送り出す姿には感動します。

極度の緊張の中で、レッスンと同じように踊れた二葉は、本当にすごいと思いました。

コンクールは、美しく、厳しい世界です。

これは、あこがれて当然ですね。(^_^)

戦う相手は自分

コンクールには、上手な子がいっぱいいます。

でも、戦う相手は自分です。

だからでしょうか、コンクールを見ていると、自然に頑張れ、頑張れと応援している自分がいます。

出場者全員、悔いのない踊りができますように。

頑張れ、みんな。(^_^)

二葉はなんのために

二葉がコンクールに出るのは、なぜでしょう。

それは、本人が自問自答していくでしょう。

答えは変わって行くと思います。

それでいいのです。

そして、私は応援を頑張ります。(^_^)

さぁ、一息ついて、次に行こうかな。

コンクール・決戦

決戦の朝

予選前、二葉の髪がボサボサ頭になりました。

本番用のシニヨンネットの目が粗いので、髪が出てくるのです。

ネットを、二枚重ねて使用する方もいらっしゃいます。

この時は、予備を持っていなかったため、先輩ママが光速で直してくれて、事なきを得ました。

そこで予選後、チャコットさんのシニヨンネットを会場で購入。

シニヨンがキレイにできました!

すごーい!(๑°ㅁ°๑)‼✧

決戦、場当たり

会場に向かう電車で、

「場当たりは、踊るよりも確認!」

と、先輩ママから教わりました。

その言葉通り、リノ(床)の滑り具合をチェックしたり、何歩で立ち位置まで進めるかをチェックする二葉。

昨日の失敗体験が活かせてよかったです。

さらに先生が、登場の仕方も変えてくださいました。

ありがとうございます。

これで、大丈夫かな。(^-^)

決戦、本番

さあ、決戦。

「ペザント」の曲がかかりました。

昨日よりも軽やかに、高く跳んだ二葉。

しかし、なんということでしょう!

立ち位置まで、あと一歩届かず!

がーん。Σ(゚д゚lll)

しかし、予選のときよりも固さが取れて、笑顔でのびのびと踊れました。

楽しそうな姿に、私も満足です。

二葉、がんばったね!(^ω^)

記念の品を購入

会場では、コンクール当日の写真(後日郵送)とDVDも販売しています。

立ち位置の近くまで行けたことから、決戦の写真とDVDを買うことにしました。

なんと、DVDは注文したその場でもらえました。

あらかじめ、全員分を作っておいてくれているのですね。

写真は、業者さんが四枚を選んで送ってくれます。

※業者さんによって、違いがあります

後日の注文も受け付けてくれるそうです。

しかし…、

それぞれ、五千円しました。

写真とDVDで、一万円〜。

庶民には高いよ〜。゚(゚´Д`゚)゚。

大切にします〜。

結果発表

全ての審査が終了してから、表彰式がありました。

全員が会場の中で、審査結果を聞きます。

なんと、

二葉、

優秀賞をいただきました。(⊙ロ⊙)

予選を通過しただけでも驚きなのに、まさか受賞するとは思いませんでした。

全ては、先生のご指導の賜物です。

本当に。

たくさんの生徒さんが出場したので、衣装の管理も、メイクも、指導も大変だったと思います。

それでも、ひとりひとりを丁寧に見ていただいて、感謝です。

ありがとうございました。

移籍してよかった

スタジオを移籍して、一年半。

コンクールクラスに入って、四ヶ月目。

二葉は、メキメキ上達しています。

一美も、週二レッスンの割には上手になっています。

妹に負けたくない意地もあるのかな。

正しいバレエを学んでいる姿を見て、あの時、勇気を出して移籍をして本当によかったと、心から思います。

次に向かって

次は、年明けのコンクールに出ます。

今度はトゥシューズです。

がんばらねば。

先生、ご指導よろしくお願い致します!

コンクール・予選

みなさま、いかがお過ごしですか。

二葉、初めてのコンクールを終えました。

無事に最後まで踊れたのは、先生のおかげです。

そして、応援してくれたスタジオのみんながいてくれたから。

今回はプレバレエコンクール

全員が、バレエシューズでの参加です。

私はてっきり、コンクール初心者が集まると思っていました。

が、違いました!

ハイレベルなコンクール(もちろん、トゥシューズ)の上位入賞者が、たくさんいました!

レベル高すぎる。(⊙ロ⊙)

二葉、出場してよかったのかしら。

予選、場当たりの二葉

本番の前に、場当たりがあります。

出場者数にもよりますが、だいたい20人〜30人くらいが一斉に舞台で練習です。

はっきり言って、ぎゅうぎゅう。

二葉は初めての場当たりで戸惑い、渋谷のスクランブル交差点を右往左往するような感じでした。(^_^;)

結局、空いたスペースで踊るしかなく、間合いがつかめずに終了。

ちーん。(´Д`)

たどり着けない事件発生!

「ペザント」は、曲が始まってから登場します。

舞台袖からぴょーんと跳んで出ますが、舞台の奥行きが、思ったよりあったようです。

立ち位置まで行けませんでした。(×_×)

中途半端な位置で踊る二葉。

この時、

「落ちた」(´Д`)

と思いました。

しかし、二葉は立て直しました。

最後の決めポーズでも、にっこり。

なんとか踊りきりました。(^_^)

ロビーで

楽屋はパスがないと入れません。

踊り終えた二葉とは、ロビーで会いました。

早速、登場の時はどんな気持ちだったか聞きました。

「出た瞬間、ギャー!だった」(((o(゚▽゚)o)))

ギャー、ですか。

その乏しい表現力に、母は涙が出ます。

日本語をもっとがんばろうか。(^_^;)

予選通過

一時間後に審査発表がありました。

予選通過者の書いてある紙がホワイトボードに掲示された瞬間、歓声や悲鳴が上がりました。

怖くて見に行けない私。(^_^;)

二葉が自分で確認しました。

なんと、

二葉、通過しました!

びっくりです。

ほとんどの子は通過したみたいでした。

それも、びっくりです。

プレコンだからでしょうか。

審査基準は

となりに座っていたママさんが、予選を見ながらプログラムにメモを取っていました。

何しているのかな〜と思ったら、番号に×が。

予選を通過しないだろうと思われる子に、印を付けていました。

こわ〜い!Σ(゚艸゚)

でも、それが当たっていました。

すご〜い!∑(ll゚д゚ll)

どうやら、基礎が出来ていない子は、通過できなかったみたいです。

決戦に行けなかった子たち、ママさん、先生の気持ちを思うと胸が痛みます。

さらにレッスンして、また挑戦して欲しいです。

バレエの魅力に取り憑かれた者同士、頑張りましょう。

決戦出場の申し込み&抽選

予選を通過したら、決戦の申込みをします。

参加費が五千円、必要です。

お支払いを済ませたら、順番を決めるためのくじ引きをします。

二葉、一番最後の番号を引き当てました!

きゃー!(≧◇≦)

決戦は

決戦は翌日です。

長くなりましたので、ひとまず終了。

では、また。

今週、初コンクール!

ご無沙汰しております。
ようやく、ブログを書けるようになりました。

 

初めてのバレエコンクール
出場するのは、二葉(小5)です。
バリエーションは、ジゼルの「ペザント」。
シンプルな振りなのですが難しいです。
奥の深さに溺れそう〜。(´Д`)
二葉、必死にもがいております。

 

「ペザント」
収穫祭の場面で踊られる、明るい曲です。

時間は1分20秒ほどですが、運動量がかなりあり、一度踊ると息切れしています。(´Д`)

全幕踊るって、大変なんですね。

 

衣装が届きました
衣装は先生が選んでくださいます。
作品によって衣装も変わりますし、照明の当たり具合、その子の個性など考慮し、最適の衣装を用意していただけます。
ありがたいです。

二葉の衣装は、赤色でした。(*´ω`*)
すごく可愛いです!

 

衣装の力って、すごい!(๑°ㅁ°๑)‼✧

衣装って、ステキ!

ヒザが曲がっていても、スカートで隠れて見えない!

スカートがふらりと開くから、前後開脚が180度開いているように見える!

全然できてないけど!(>_<)

 

審査員の先生方にはバレバレです。

精進して参ります。(^_^;)

 

先生に感謝
二葉がコンクールに出てもよいものか、私は心配でした。

もともと歴史のあるバレエ教室でしたから、二葉のせいで教室の名を落としてしまうのではないかと。

(↑二葉の踊りが酷いこと前提でした。これはこれで、酷いですね。(^_^;))

 

そう先生にお話しすると、キョトンとされて、「大丈夫ですよ」と笑ってくださいました。

先生が二葉を信じてくださったこと、精一杯ご指導してくださったことに、心から感謝しています。

 

コンクールに向けて

小さいスーツケースを用意しました。

そこに当日の荷物を入れて準備していますが、この時点でもう、二葉が緊張しています。

頭が真っ白の状態で踊るかも。(>_<)

せめて、忘れ物がないように。

あとは、体調を整えましょう。

 

私が二葉に望むこと

バレエができる喜び、

舞台に立てる幸せ、

可愛い衣装を着られる嬉しさ、

支えてくださる先生やコンクールを運営してくださる方々への感謝など、

いろんな気持ちを込めて、

楽しくのびのびと踊って欲しいです。

 

たくさん練習したのだから、大丈夫。

自分を信じて踊るだけです。

 

いつもの踊りができますように。

最後まで、笑顔で踊れますように。

f:id:arigatai3939:20171010140820j:image

おにぎり丸

みなさま、お元気ですか。

二葉がコンクールクラスに入って、一ヶ月が経ちました。

夏休みに入ってから、ほぼ毎日レッスンがあります。

先生の情熱に感謝です。(^_^)

おかげさまで、踊りがしっかりしてきました。

 

おにぎり丸

おにぎり丸をご存じですか?

おにぎり丸とは、味の素冷凍食品株式会社の商品です。

カレー、ビビンバ、麻婆豆腐、餃子、角煮の五種類があります。

具材を凍らせて、おにぎりの中に入れるという画期的な商品です。

 

翔くんが、おいしそうにたべていたから…

我が家の娘たちは、嵐の大ファンです。

おにぎり丸のCMには、嵐の櫻井翔くんが出演しています。

「翔くん、すごくおいしそう」

「どんな味がするんだろう」

CMが流れるたびに、興味津々の娘たち。

 

そして、スーパーで見つけてしまったのです。

おにぎり丸を。(๑°ㅁ°๑)‼✧

 

味の素さんの気合いが伝わってきます!

f:id:arigatai3939:20170804205054j:image

 

翔くんに引き寄せられ、思わず購入。

f:id:arigatai3939:20170801084931j:image

娘たちは、ビビンバを選びました。(^-^)

 

作ってみよう

①ラップに白飯を乗せて広げます

②中心におにぎり丸を置きますf:id:arigatai3939:20170801084952j:image

③包みます

f:id:arigatai3939:20170801085002j:image

興奮した娘たちが暴走して勝手に作りましたので、ちょっと大きめのおにぎりになりました。

  

食べ方にもコツがある

一美は、普通にほおばりました。

中の具材まで到達するまで、白飯が続いたそうです。

白飯の層が厚かったみたい。(^_^;)

次回は改善しましょう。

 

CMでは、おにぎりを半分に割って食べていました。

試してみたら、すごくおいしかったです。

おかずと白飯を一緒に食べられるみたいで、贅沢な気分になりました。

 

こんな感じ。↓

f:id:arigatai3939:20170802151013j:image

 

 おにぎりは欠かせない

バレエのレッスンに行く際には、必ずおにぎりなどの軽食を持参します。

お腹がすいちゃうので。(^_^;)

おにぎり丸は、レッスン後にちょうどいいなと思いました。

頑張った自分への、ご褒美になりますので。

 

価格は、四個入りで178円(税別)でした。

スーパーによって価格が異なるとは思いますが、200円くらいで買えます。

 

おでかけに、「おにぎり丸」を試してはいかがでしょうか。

全種類作って、中身がわからないようにするのも面白いですね。

何が当たるか、楽しみ楽しみ。(^_^)

 

それでは、みなさま。

またお目にかかりましょう。\(^o^)/