きらりの日常

太郎&一美(中3)、二葉(小6)、次郎(小4)の4人の子どもと過ごす日々の出来事を書いています。

三日目のマリーちゃん

実は、太郎が昨夜、怒ってしまいました。

マリーちゃんは出された物を食べないし、みんなの前で号泣するし、家族と仲良くしようとする態度が見られないから。

それでも太郎は、マリーちゃんが緊張しているんだろうと大目に見ていましたが、慰めようとしてゲームしようと声をかけても断られてしまい、爆発してしまったそうです。

「マリーは日本での暮らしを楽しんでいるよ。でも、ふとしたときにオーストラリアの友達を思い出して泣けちゃうみたい。気にしなくていいよ。」と、他のホストファミリーのママが受け入れている子に聞いてくれて、太郎に伝えました。

「なんだ、そうか。」

すっと怒りが消えて、太郎は平常心に戻りました。

早っ!(゜Д゜)

朝食

朝食の時間はドキドキです。

少しでも食べてくれたらよいのですが。

そこで、

「シリアルがあれば文句を言う人はいなかった」

という友人のアドバイスを受けて買ってきました!

シリアルだけでは寂しいので、ピザトーストも作りました。

ぶどう、ヨーグルト、サラダなども出しました。

そうしたら、マリーちゃんはシリアルを食べてくれました。

チョコ味が好きみたいです。

ビザトーストも少し食べてくれました。

ほっとしました。(#^.^#)

定規バトル

朝食後、マリーちゃんに次郎が一緒に遊ぼうと提案しました。

小学生に人気の「定規落とし」を。

ペンで自分の定規を弾いて、相手の定規を落とすゲームです。

単純なのですが、すごく盛り上がりました!

マリーちゃんも夢中でした。

でかした、次郎!(^O^)

移動の車内

車内は相変わらず静かです。

太郎が話しかけないから〜。

もう〜!(`Д´)

だから、私がめちゃくちゃな英語で話すしかないのです。

合っているんだか、間違っているかも分からない〜。

もどかしい〜。(>_<)

頭が痛い

送り届けて気が抜けたのか、頭痛がしてきました。

熱中症かとも思い、水分を摂って横になりました。

しかし、良くならない…。

それでも二葉をお迎えに行かなくてはなりません。

必死の思いで、バレエスタジオにたどり着きました。

家に来た子はニンジンしか食べなかったよ

バレエのママさんから、

「うちも受け入れしていたけれど、家に来た子は母が何を作っても、ニンジンスティックしか食べなかったよ。」

という話を聞きました。

へー。(゜Д゜)

オーストラリアから来た子がみんなそういうわけではないけれど、たいていの子は日本食に挑戦しようしないみたいです。

ポテトチップとコーラで過ごした子もいたと聞きました。

むむむ。

マリーちゃんに合わせていたら、我々の食生活が乱れてしまいます。

どうしよう。(^_^;)

運命の出会い

マリーちゃんのために、追加のシリアルとポテトチップを買っていたとき、ばったりママ友に会いました。

彼女は英会話の先生をしています。

思わず飛びついて相談してしまいました。

・泣いているときは泣かせておけばいいよ。そのうち自分で落ち着くから。

・基本的に単純な味の物、ジャンキーな物を好むよ。

・向こうの子は空腹を感じる事がない。いつも何かを食べているから。

などなど、短い時間ではありましたが貴重なアドバイスをもらいました。

彼女とは四年ほど会っていませんでした。

それなのに、このタイミングで会えるなんて!

奇跡ってあるんだなと思いました。

見えない何かが引き合わせてくれた気がします。

頭痛の原因は

旦那様に頭痛がすることを伝えました。

「そこは、言語を司るところだからね。」

つまり、慣れない英語を必死になって話そうとしているために、頭がオーバーヒートしているみたいです。

英語ができなくても大丈夫って言ったのに〜

昨年のホストファミリーも協会の方も、英語は話せなくて大丈夫だよと仰いました。

うーそーだー。(>_<)

おそらく、ご家庭のお子さんが話してくれるから、親御さんは話せなくても問題ありませんという意味だったのだろうと思います。

うちの太郎は話そうとしないんです〜。

だから、私に全ての負担がかかっているんです〜。

タスケテ−。(ノД`)

でも、今日のマリーちゃんは、みんなの前で泣きませんでした。

それだけでも、大きな一歩です。

徐々に日本の暮らしと、うちの家族に慣れていってくれればいいと思います。

オーストラリアから来ました!

いらっしゃい!

はるばるオーストラリアから、ペアの女の子がやって来ました。

台風の影響で飛行機が欠航になり、新幹線に変更するという、まさかのアクシデント!

しかも、ホストファミリーに交通手段が変わった連絡が入らない!

そんなバカな!(´Д`)

そのため、空港に迎えに行ってしまった家族がいました。

なんてこったい。(´Д`)

我々は、唯一連絡が取れたオーストラリアメンバーの女の子を頼りに動きました。

それでも、ざっくりとした情報しか来ません。

何時に着くか分からないので、とりあえず駅で待ちました。

アバウトすぎる。(^_^;)

なんだかんだありましたが、無事にお迎えすることが出来ました。

スマホのおかげです〜。

いきなり、ホームシック!

オーストラリアから来たマリーちゃんのために、簡単なウェルカムパーティをしました。

子供たちは一発芸を披露し、みんなで踊りました。

必死におもてなしをする子供たち。

マリーちゃんを見ると、様子が変。

あれ?

もしかして泣いてる!Σ(*゚Д゚ノ)ノ

なぜか分からないけれど、めっちゃ泣いてる!

それを見た二葉と次郎は、すっと寄り添ってハグしました。

慰めたくても、英語が話せないし…。

これが、彼らにできる最上級の方法。

マリーちゃん、もしかしてホームシックかしら。

翌日の朝

マリーちゃん、ちゃんと起きて身支度しました。

きちんとしたお子さんです。

しかし、あまり食べません。

ヨーグルトとチキンナゲットを少しだけ。

サンドイッチは手付かずでした。

聞くと、朝は少ししか食べないそうです。

しかし、太郎の記憶では、パンを二つ食べていたと。

むむむ。(-᷅_-᷄๑)

精神的なものが大きいのかな。

マリーちゃんの出す重い雰囲気を感じ取り、口が重くなる子供たち。

そこは、太郎がしゃべろうよ。

オーストラリアでもお世話になったよね。

静かな朝食が終わりました。

マリー、車内で泣く

オーストラリアチームのみんなは、市役所で日本文化の体験会がありました。

そこへ送る車内で、マリーちゃん号泣。

何故だ。(´Д`)

市役所の駐車場で、仲間に再会した瞬間、またまた号泣。

でも、同じホストファミリーのママさんに聞くと、みんな泣くよー、とのこと。

そうか、これが当たり前なんだなと思い見送りました。

お迎えでも、号泣

体験会が終わる頃に、迎えに行きました。

みんなと離れ離れになるのが寂しいのか、マリーちゃん、またまた号泣。

その涙は、まるで永遠の別れを惜しむかのようでした。

いや、明日も会えるんだけどね。(^_^;)

それを見た他のホストファミリーから私は、一斉に同情の視線を浴びました。

朝は、みんな泣くよーと言っていた例のママさんが、

「何かあったら連絡して!一人で悩んじゃダメだよ」

と言ってくれました。(^_^;)

かなりのレベルなのね。

助っ人、参上!

朝、見送る時にヤバイと思った私は、ホームステイを数多く受け入れている友人に連絡しました。

受け入れの、エキスパートです。

彼女とやりとりしていくうちに、少しなら時間が取れるからと家に来てくれました!

帰宅したマリーちゃんと、ペラペラの英語で話す彼女。

マリーちゃんの住んでいる所、学校のこと、家族のこと、いろいろ聞いてくれました。

イキイキと話す、マリーちゃん。

彼女が来てくれて良かった!(≧∀≦)

マリーちゃんも少し元気になりました。

会話が出来るって大切ですね。

お互いに気持ちがあっても、伝えられないともったいない。

お互いに興味深い情報を持っているのに、知らせることができないなんて残念すぎる!

改めて、英語が出来ると世界が広がるという意味を痛感しました。

人と人の間に立ちはだかるのは、国境ではなく言語です。

話せば理解できることが、たくさんあります。

そこに気付くことができました。

さあ、まだホームステイは始まったばかり。

頑張りすぎない程度に、楽しむぞ!

太郎、オーストラリアを満喫

すごーく久しぶりにブログを書きます。

最近、バタバタしていて何かと混乱しています。

暑すぎて外出も危険なので、ブログを書く事で頭を整理してみようと思いました。

オーストラリアはすごかったらしい

太郎は、オーストラリアへ旅立ちました。

そして、あっという間に帰って来ました。

二週間は短いですね。(^_^;)

英語が全然できない太郎ですが、ホストファミリーのおかげで楽しく過ごせたそうです。

オーストラリアへ行っている間、太郎は連絡をして来ませんでした。

ホストファミリーの写真すら送ってこない・・・。

大丈夫か、あいつと心配になりました。

しかし、下手に電話をしてホームシックになっても困るので、重要な連絡のみしかしませんでした。

太郎の暮らしぶりは全く不明でしたが、幸い、一緒に行っている仲間がグループラインへ写真を送ってくれたので、元気そうな姿を確認する事は出来ました。

最後まで手がかかる

太郎は自分で荷造りをしなかったので、帰るときはどうするのか心配していましたが、やはりホストファミリーのママに手伝ってもらったそうです。

本当に、お世話になりました。

おそらく、交流が始まって以来、最もボーッとしている子が行ってしまいました。

ごめんなさい。。゚(゚´Д`゚)゚。

だからこそ、受け入れる時には、最大限のおもてなしをしなくてはいけないと意気込んだ訳です。

今度は受け入れる側

交換学生なので、今度はオーストラリアの子が日本にやってきます。

7月の終わりにやってくるので、準備しなくては。

個室を用意するため、とにかく物を減らさなくてはなりません。

不用品は、一斉に処分しました。

お金が飛んで行く〜

エアコンを買い、リビングのエアコンのクリーニングを依頼し、トイレの壁紙を張り替え、ふすまと障子も張り替え、ガスコンロの部品も新調し、庭も綺麗にし、浴衣を買い・・・。

あー、それでも終わらないー。

すごい金額のお金が飛んで行くー。

しんどいー、もうやだー。。゚(゚´Д`゚)゚。

そんなとき、

「頑張ったらダメだよ。(^_^)」

と、経験者の方が言ってくれました。

自分が楽しまなくちゃ、と。

確かに、こんな事がない限り、ここまで家に手をかけません。

よーし、あと少し。

楽しむぞー。٩(^‿^)۶

バレエの発表会、素敵でした♡

ロビーから始まる、きらびやかな世界

友達のお子さんが通うバレエ教室の 、発表会がありました。

今回は、二葉と行きました。

ロビーに入ると、キラキラした人ばかり!

皆さま、お美しい!

赤ちゃんを抱っこしているお母様も、オシャレな洋服をお召しになっていました。

ひゃー。( ノ゚Д゚)ノ

ちょっと良い服を着てきてよかったー。

このお教室は、本気のところだ!

優秀な生徒さんを輩出!

やっぱり!(๑°ㅁ°๑)‼✧

プログラムには、コンクールの受賞歴がずらりと書かれていました。

しかも、生徒さんの進路が華やか!

海外のバレエ学校へ留学、海外や国内のバレエ団へ入団!

すごーい!(๑°艸°๑)

指導力のある先生なのですね。

本格的な舞台セット!

幕が開いてからも、びっくり!

舞台セットが豪華でした!

全幕ではないのに、

抜粋しているので、20分ほどなのに、

森を作っちゃうんですか!

意気込みが半端ない!

みんな上手!

どの生徒さんも、みんな勢いがありました。

本気でバレエに打ちこんでいる生徒さんばかりでした。

皆さんの踊りは、どれも素晴しかったです。

完全実力主義

生徒さんは、基本的にコールドでした。

中高生になって、全国バレエコンクールで上位入賞したレベルで、ようやく役がもらえていました。

主役級は、外部からプロのダンサーさんをお招きするか、プロになった元生徒さんでした。

ですから、非常に見応えがありました。

恵まれた環境

生徒さんにとって、非常に恵まれた環境であると思いました。

夢を現実にした先輩の姿は、何よりも励みになります。

うーん、羨ましい!

イケメン祭♡

三部は、コメディの要素たっぷりの、楽しいバレエでした。

なんと、男性ダンサーが8人も出演されました。

回る回る!(º ロ º๑)

跳ぶ跳ぶ!(⊙ロ⊙)

圧巻のパフォーマンス!

やっぱり、男性ダンサーは素敵♡

現実に戻ってしたこと

家に帰って、落ち着きを取り戻しました。

そして、二葉と次郎の力不足を痛感しました。

基礎と柔軟性をもっと磨かなくては。

さあ、がんばるわよー♪

Chacott ダンスバンド ソフト

新品価格
¥4,212から
(2018/6/26 09:46時点)

【K.H.Martin】ストレッチバンド【XXストロング(レッド)】

新品価格
¥1,080から
(2018/6/26 09:48時点)

このブログを見て

一美がボソッと言いました。

(私もバレエやっているのに)

「私のことが書いてないんだけど。」

私、「あっ。」(*゚▽゚)ノ

生きた証

悲しいことがありました。

ショックでした。

でも、教えてもらってよかったです。

練習試合の応援で

次郎は、子ども会のチームでソフトボールをしています。

ある日、練習試合の会場で、

「あの人、亡くなったって本当?」

と聞かれました。

彼女は

「あの人」は、同じ中学校の保護者です。

子どもの小学校では、一緒に図書ボランティアをしていました。

控えめだけれど、芯のしっかりした優しい女性でした。

確かに、二年ほど前、大きな病気をされました。

治っていたはずでは?

亡くなった?

私が最後に彼女と会ったのは、いつなんだろう。

必死に記憶を辿りました。

Facebookに、友達申請があった

そういえば、先月、彼女から友達申請がきました。

あれから、何か書き込みがあるかもしれない、

私は、彼女のFacebookを確認しました。

しかし、文章は一切ありませんでした。

開設時と同じ、二人のお子さんの入学式(高校生と中学生)の写真があるだけでした。

一気に不安になりました。

共通の友人に確認

共通の友人に聞きました。

「先月、お亡くなりになりました。

亡くなる二週間前に会ったけれど、元気だったよ。

とにかく、急だったみたいです。」

・・・。

言葉もありませんでした。

Facebook開設の日と、亡くなった日が近いことから、友達申請には何か意味があったのかもしれません。

今となっては分かりませんが。

喪失感

彼女は闘病中も笑顔でした。

ボランティアにも参加していました。

悩む様子もなく、明るく振る舞っていました。

いろんな想いが頭をグルグル回ります。

フル回転の頭とは逆に、心に穴が空いた感覚がありました。

これが喪失感なのですね。

彼女の願い

余命宣告されていたのかは分かりません。

でも、きっと、彼女は最期まで、いつも通りの生活をしたかったのでしょう。

お子さんにお弁当を作ってあげて、顔を見て話して。

そんな当たり前の日常が、愛おしくて愛おしくて。

少しでも長く家族の側にいようと、頑張ったのでしょう。

それが彼女の願いだったのだと思います。

彼女の生きた証

彼女は、図書ボランティアでした。

小学校の図書室には、彼女が修復した本がたくさんあります。

その本を、子どもたちは読み続けます。

わくわくしながら。

彼女は本を通して、たくさんの子どもたちと繋がっています。

今までも、これからも。

素晴らしい物を遺してくれて、ありがとう。

そして、お疲れさま。

天国から見守っていてね。

運動会でのご褒美

二葉、最後の運動会

二葉、最後の運動会。

感慨深いです。(/ _ ; )

ブラスバンド部に所属する、二葉と次郎。

二葉はアルトホルン、次郎はユーフォニウム

運動会では、国歌、校歌、得賞歌の演奏をしました。

姉弟が一緒に演奏できるなんて幸せ。( ^ω^ )♡

ちなみに、楽器は自前ではありません。

学校から楽器をお借りして、基礎から先生が教えてくださいます。

もちろん、無料。(๑>◡<๑)

とてもありがたいです。

恵まれた環境に、ただただ感謝です。

組み立て体操

組み立て体操は危険だからと、やめた学校もありますよね。

先生のご尽力により、この小学校では続いております。

二葉はバレエで鍛えた体を、存分に発揮していました。

そして、最後のフィナーレでは、一番目立つポジションをさせていただきました。

10人のお友達の支えにより、見事に成功。

二葉に感想を聞くと、

「みんなが上手に持ち上げてくれたから、楽に出来たよ。

 それに、私を持ち上げてくれる子は、みんな良い子なの!

 だから、絶対に失敗できないと思ったんだ。」

と言いました。

素晴らしい仲間と巡り会えて良かったね。

終わり良ければすべて良し

例のリレーも、みんな頑張っていました。

ふー。ε-(´・`)

なんだかんだありましたが、無事に終わりました。

良かった、良かった。

子どもたちの清々しい姿を見ていて、気分が晴れました。

ご褒美

その日、テレビの取材が来ていました。

たまたまカメラの近くにいた、二葉。

インタビューしていただけました。

ま、採用されないだろうけれど。

念のため番組を録画しておきました。

すると、

まさかの、

二葉がーーー!Σ(*゚Д゚ノ)ノ

インタビューが放送されました!

なんてラッキーな子なの!?

お見せできないのが残念です。(^_^;)

最高のご褒美をいただきました。

みなさま、ありがとうございました。(≧∇≦)

ギックリ腰になりました。

次なる試練

次郎の件が片付いた日、ギックリ腰になりました。

しかも、仕事中!

なんてこったい!(´Д`)

ギックリ腰の原因は…

なぜ、ギックリ腰になってしまったのでしょう。

次郎の件で、精神的なダメージが大きかったのが原因かなー。

いろいろ考えて眠れなかったから、ソファーでゴロゴロしていたのが、いけなかったのかもしれないなー。

・・・。

こんな反省会をしても、腰は元には戻りません。

なんとかせねば。(-_-)

幸いなことに

救いは、ギックリ腰が軽く済んだことです。

痛みが来たのがわかったので、なるべく腰に負担がかからないように動きました。

ギックリ腰は二回目なので、付き合い方は分かります。

なんとか、仕事はやりきりました。

しかし、家にたどり着いて横になったら、もう起き上がれませんでした。

だめだこりゃ。(´Д`)

それでも休んでいられない

娘をバレエに送らねばなりません。

腰にコルセットを巻き、痛み止めを飲んで、歯を食いしばって運転しました。

運転中は、まだよいです。

家に着いて、車から降りる時の痛みは絶叫レベル。

痛くて歩くことができません。

立ったり座ったりの動作は無理ー!

助けてー!(>_<)

・・・。

悲しいことに助けは来ないので、徐々に慣らしながら移動しました。

その動きは、まるで油の切れたロボット。

私、頑張りました。。・°°・(>_<)・°°・。

ギックリ腰でも、動かねば

次の日も、休んではいられません。

やらねばならないことがあるのです。

中学校のPTA役員として。(^_^;)

運の悪いことに、バザー、授業参観、資源回収、会議がありました。

ほぼ、一日中動きます。

大丈夫か、私。(^_^;)

無理する必要はありません。

休んでもいいんですよ。

でも、楽しみにしていたので頑張って参加しました。

本当にアホだと自分でも思います。

いつも通りの動き

結果として、めちゃめちゃ働きました。

痛み止めを飲んで、コルセットはしていますが。

それでも、できちゃう。

なんて不思議!(๑°ㅁ°๑)‼✧

ファイテン、すごい!

いくら軽いといえ、ギックリ腰です。

普通は動けるわけがありません。

前回は、2〜3日寝たきりでした。

なぜ、今回は動けるのかしら。

心当たりは一つだけ。

ファイテンのネックレスを付けていることです。

私が勝手に、そう思っているだけですが、ファイテンのおかげで回復が早い気がします。

↓詳しくはこちら↓

RAKUWAネックX100 ミラーボール/RAKUWAネック/X100/ファイテンオフィシャルストア

自分が付けていて効果を感じるので、お友達にも勧めています。

安い買い物ではありません。

でも、その価値は十分にあります。

マッサージの先生によると

ギックリ腰になった理由の一つとして、

「張り詰めていた状況から解き放たれて、気が抜けたからかもね」

と言われました。

へー。(@_@)

病は気から。

みなさま、ご自愛くださいませ。