きらりの日常

太郎&一美(中2)、二葉(小5)、次郎(小3)の4人の子どもがいます。6人の家族が繰り広げる、何気ない日々の出来事を綴っています。

がんばるズボン

みなさま、ご機嫌はいかがですか。

今回は、息子のズボンについて書きます。

 

末っ子の次郎は、子ども会でソフトボールをしています。

三年生ですが、メンバーが少ないためレギュラーです。

実力はまだまだですが、本人はやる気満々。

楽しく練習しています。(^_^)

  

見てしまった 

ある日、気付いてしまいました。

次郎が履いている練習着の、ズボンのヒザが破れていると。

それも、持っているズボンの全てが!

 

でも、まぁ、まだ穴は小さいからいいか。

そのうち、まとめて直そうかな、なんて放っておいたら…。

 

えらく大きな穴になってしまいました!

ごめーん! 。・゜・(ノД`)・゜・。

 

f:id:arigatai3939:20170628192012p:image

 

ズボンの直し方が、いまだによく分かっていない私。

今までは、家にある適当な白い布を当てていました。

 

しかし、今回は専用のスライディングパッドを購入しました。

そんな便利な商品があるなんて知らなかった!

教えてくれた店員さん、ありがとうございました。

お値段は、パッドが二枚入っていて千円くらいです。

 

f:id:arigatai3939:20170628191950p:image

 

パッドは柔らかく軽いです。

手縫いで縫い付けます。

 

f:id:arigatai3939:20170628192259p:image

 

パッドは端が薄くなっていて縫いやすい配慮がされています。

それでも、それなりに力が必要でした。

針を押し出すときに指が痛いので、指ぬきを使用しました。

パッドを一枚縫うのに30分くらいかかりました。

 

今回は、一気に四ヶ所も直したので時間がかかりました。

もしかして、新しいズボンを買った方がいいんじゃないかしらと、

途中で心が折れそうになりました。

 

新しい命が吹き込まれたのかも

それでも、できあがったズボンを見て一気に愛おしくなりました。

このズボンは、こんなにボロボロになるまで頑張ってくれたんだ。

グローブやバットと同じように大切な存在なんだ。

これからも次郎と一緒に練習してね。

そんな風に思いました。

 

ズボンくん、いつもありがとう。

 

f:id:arigatai3939:20170628201255p:image