きらりの日常

太郎&一美(中2)、二葉(小5)、次郎(小3)の4人の子どもがいます。6人の家族が繰り広げる、何気ない日々の出来事を綴っています。

自然教室 〜お帰りなさい〜

みなさま、お元気ですか。

「暑いから、抹茶のアイスを作って〜」と一美に言われる、今日このごろです。

そして、まだ作っていません。(^_^;)

 

さて、今回は、自然教室から二葉が帰ってきたことについて書きます。

 

子どもを迎えに行きます

自然教室は荷物がたくさんありますし、子どもも疲れています。

そのため、小学校まで迎えに来るように、先生からお願いされています。

 

早く会いたいんだね

お昼ごろ、バスが小学校に到着しました。 

お迎えの人が来ているかが気になるようで、後ろを向いてキョロキョロする子どもたち。

こらこら。

前を見なさい、前を。(^_^;)

出発の時に比べて、明らかに落ち着きがありません。

早くお家の人に会いたいんですね。 

二葉も私を見つけて、とても嬉しそうにしていました。 

 

メッセージカードの結末は

解散式を終えて、先生に挨拶してから帰りました。

家に着いてから、メッセージカードに気付いたか聞きました。

「二日目に気付いたよ〜」

 それだけ?感想は?

「いやぁ、お母さんのやりそうなことだと思った」

 嬉しかったとか、泣けたとか、ないんかーい。

。・゜・(ノД`)・゜・。

f:id:arigatai3939:20170714151916j:image

 

二葉、強い…

長女の一美は、内弁慶です。

困ったことや心配なことがあると、すぐにお腹の調子が悪くなります。

そのため、自然教室や修学旅行には、酔い止め、胃腸薬、下痢止め、痛み止めなどの薬を持たせました。

 

そして今回、二葉の荷物を準備しているときに気付いたのです。

この子、お腹を壊したことがない。

車酔いもしたことない。

というか、マンガ読みながら車に乗ってる。

 

…薬、いるかしら?(^_^;)

 

念のため、一通りは持たせました。

何も使わずに帰ってきましたが。

二葉、強い…。

 

ケンカもするよね

3泊4日の集団生活は、体力的にも精神的にも過酷です。

いつもは家の人にしてもらっていることも、全て自分でやらなくてはなりません。

慣れないことの連続で疲れてしまい、相手を思いやる余裕もなくなります。

どうやら、あちこちでケンカが起きていたらしいです。

二葉もお友達とケンカしました。

これも、よい思い出になるよね。

 

お帰りなさい

とにかく、全員が無事で何よりです。

子どもたちは、一回り大きくなりました。

先生とキャンプカウンセラーさんのおかげです。

ありがとうございました。

 

さあ、洗濯だ!

天気が良くて、助かった〜!

 f:id:arigatai3939:20170714152222j:image