きらりの日常

太郎&一美(中2)、二葉(小5)、次郎(小3)の4人の子どもがいます。6人の家族が繰り広げる、何気ない日々の出来事を綴っています。

二葉、コンクールクラスへ

みなさま、お元気ですか。

今日は海の日。

海や川に、お出かけの人も多いのではないでしょうか。

さて、久しぶりにバレエの話をします。

こんなやりかたのスタジオもあるんだな、という感じでご覧下さい。

二葉、コンクールクラスに入りました

二葉の強い希望で、コンクールクラスに入ることになりました。

未知の世界です。

大丈夫かしら。(>_<)

コンクールクラスとは

バレエコンクールに出場する生徒さんのためのクラスです。

通常レッスンに加えて、週に二回レッスンがあります。

先生から、ガッツリ指導が受けられます。

誰でも入れるの?

二葉のスタジオでは、規定があります。

 ①七歳以上であること

 ②通常クラスを、週二回以上受けられること

この二つをクリアしていれば、入れます。

能力を問わず、本人のやる気を尊重してくれるのです。

ただ、コンクールの出場には先生の許可が必要になります。

練習内容は?

自分が踊るバリエーションを、ひらすら練習します。

先生もしっかり見てくださいますし、練習量が増えますから、上達が早いです。

コンクールが近付くと、ほぼ毎日レッスンがあります。

バリエーションは誰が決めるの?

二葉のスタジオでは、先生が決めます。

生徒さんの個性に合わせて選んでくださいます。

お金がかかるのでは…

ある程度、費用はかかります。

 ①申込時に、1年間の指導料6万円を納める

 ②毎月のお月謝に3千円追加する

 ③コンクールに出る際は、参加料や衣装代など、別途費用がかかる

途中からでも入れるの?

コンクールクラスは、4月スタートです。

二葉は、3月の段階で申込みをしませんでした。

しかし、6月になって、コンクールクラスに入りたいと言い出しました。

今さらかーい。(´д`)

先生にご相談したところ、OKがもらえました。

よかったです〜。(^_^)

コンクールクラスに入って

先生が粘り強く指導してくださいます。

おかげさまで、踊りが変わってきました。

コンクール経験者のお姉さん達からも、よい影響を受けています。

注意されたポイントを、ノートに書くようになりました。

コンクールクラスに入って、よかった〜。

コンクール、いろいろあります

ひとくちにコンクールと言っても、様々です。

全国コンクールから地方のプレコンクールまで、幅広くあるようです。

二葉は、バレエシューズでOKの、プレコンクールから挑戦しようと思います。

楽しいだけじゃない世界

発表会とは違い、明確に評価されます。

予選落ちして悔しい思いをするでしょう。

それでも、泣きながら登っていくのですね。

親は、子どもの上手になりたいという純粋な思いを、ただサポートするだけです。

がんばれ、二葉。

がんばれ、みんな。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/arigatai3939/20170717/20170717102343.jpg