きらりの日常

太郎&一美(中2)、二葉(小5)、次郎(小3)の4人の子どもがいます。6人の家族が繰り広げる、何気ない日々の出来事を綴っています。

コンクール・予選

みなさま、いかがお過ごしですか。

二葉、初めてのコンクールを終えました。

無事に最後まで踊れたのは、先生のおかげです。

そして、応援してくれたスタジオのみんながいてくれたから。

今回はプレバレエコンクール

全員が、バレエシューズでの参加です。

私はてっきり、コンクール初心者が集まると思っていました。

が、違いました!

ハイレベルなコンクール(もちろん、トゥシューズ)の上位入賞者が、たくさんいました!

レベル高すぎる。(⊙ロ⊙)

二葉、出場してよかったのかしら。

予選、場当たりの二葉

本番の前に、場当たりがあります。

出場者数にもよりますが、だいたい20人〜30人くらいが一斉に舞台で練習です。

はっきり言って、ぎゅうぎゅう。

二葉は初めての場当たりで戸惑い、渋谷のスクランブル交差点を右往左往するような感じでした。(^_^;)

結局、空いたスペースで踊るしかなく、間合いがつかめずに終了。

ちーん。(´Д`)

たどり着けない事件発生!

「ペザント」は、曲が始まってから登場します。

舞台袖からぴょーんと跳んで出ますが、舞台の奥行きが、思ったよりあったようです。

立ち位置まで行けませんでした。(×_×)

中途半端な位置で踊る二葉。

この時、

「落ちた」(´Д`)

と思いました。

しかし、二葉は立て直しました。

最後の決めポーズでも、にっこり。

なんとか踊りきりました。(^_^)

ロビーで

楽屋はパスがないと入れません。

踊り終えた二葉とは、ロビーで会いました。

早速、登場の時はどんな気持ちだったか聞きました。

「出た瞬間、ギャー!だった」(((o(゚▽゚)o)))

ギャー、ですか。

その乏しい表現力に、母は涙が出ます。

日本語をもっとがんばろうか。(^_^;)

予選通過

一時間後に審査発表がありました。

予選通過者の書いてある紙がホワイトボードに掲示された瞬間、歓声や悲鳴が上がりました。

怖くて見に行けない私。(^_^;)

二葉が自分で確認しました。

なんと、

二葉、通過しました!

びっくりです。

ほとんどの子は通過したみたいでした。

それも、びっくりです。

プレコンだからでしょうか。

審査基準は

となりに座っていたママさんが、予選を見ながらプログラムにメモを取っていました。

何しているのかな〜と思ったら、番号に×が。

予選を通過しないだろうと思われる子に、印を付けていました。

こわ〜い!Σ(゚艸゚)

でも、それが当たっていました。

すご〜い!∑(ll゚д゚ll)

どうやら、基礎が出来ていない子は、通過できなかったみたいです。

決戦に行けなかった子たち、ママさん、先生の気持ちを思うと胸が痛みます。

さらにレッスンして、また挑戦して欲しいです。

バレエの魅力に取り憑かれた者同士、頑張りましょう。

決戦出場の申し込み&抽選

予選を通過したら、決戦の申込みをします。

参加費が五千円、必要です。

お支払いを済ませたら、順番を決めるためのくじ引きをします。

二葉、一番最後の番号を引き当てました!

きゃー!(≧◇≦)

決戦は

決戦は翌日です。

長くなりましたので、ひとまず終了。

では、また。