きらりの日常

太郎&一美(中3)、二葉(小6)、次郎(小4)の4人の子どもと過ごす日々の出来事を書いています。

次郎・ピアノ発表会

次郎、がんばる

昨日は、次郎のピアノの発表会でした。

先生が選んでくださった曲は、

「舞踏の時間に」(リヒナー)です。

本当は、「オペラ座の怪人」を希望していた次郎。

しかし、楽譜が難しくてまだ弾けません。

おそらく先生は、次郎の気持ちを汲んで、

世界観の近いものを探してくださったのでしょう。

曲調は全然違いますけどね♪(๑>◡<๑)

次郎は、そんな先生の気持ちを知ってから知らずか、

コツコツ練習をしていました。

そして、本番

次郎、落ち着いて演奏することができました。

講師演奏

発表会の最後に、先生が弾いてくださったのは、

ピアノソナタ23番「熱情」第3楽章 Op.57(ベートーヴェン)。

すっごく素敵でした!

難しい曲で、テンポも速いのに、

指が回る回る!!♪───O(≧∇≦)O────♪

ドヤ!

次郎はそんな先生の姿を見て、ドヤ顔でした。

僕の先生はすごいでしょう!って。

うん、すごいね!(๑>◡<๑)

先生みたいに弾けるといいね!

これからも、ピアノと仲良しでいましょう♪